3歳児に余命宣告!あまりにも辛過ぎる現実に我々は胸を締め付けられる | あそびブログ

3歳児に余命宣告!あまりにも辛過ぎる現実に我々は胸を締め付けられる

泣いた

3歳になるトニーの夢は消防士になることでした。

消防署や警察署が好きで、消防署や警察署の前を通る度に窓を開けて手を振っていたそうです。

両親のショーンとステファニーは大切に我が子を育て、二人にとって人生の最大の喜びでした。

しかし2016年10月、トニーが怪我をして病院に行った所、ある事実が発覚したのです。ここから家族の平穏な生活は砕け散って行きました。

今回は悲しくも心温まるエピソードをご紹介させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
泣いた
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました