「恋かなと 思っていたら 不整脈」まだまだワシらを舐めてもらっちゃ困る!ユーモアあふれる、シルバー川柳の数々に爆笑を抑えられない | あそびブログ

「恋かなと 思っていたら 不整脈」まだまだワシらを舐めてもらっちゃ困る!ユーモアあふれる、シルバー川柳の数々に爆笑を抑えられない

笑った

川柳は、江戸時代より親しまれる五・七・五の音を持つ日本語の定型詩。俳句との違いは、俳句には、<季語>が必用ですが、川柳では特にこだわりません。そして同じ音を持つ俳句よりも自由度が高いとされています。

最近ではよりモダンな、「サラリーマン川柳」や「オタク川柳」も人気があるのをご存知でしょうか?

川柳は伝統的な部分に止まらず、より広い層にも人気があり、まさに日本人の国民的娯楽と呼べるでしょう。

しかしこのたび、とある「シルバー川柳」が話題になっているのです。

実際にその川柳の数々をご覧ください!

Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
笑った
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました