もう一度抱きしめたい…喘息の少年が学校に吸入薬を没収され命を落とす。理解できない学校の規則にあなたは絶句する… | あそびブログ

もう一度抱きしめたい…喘息の少年が学校に吸入薬を没収され命を落とす。理解できない学校の規則にあなたは絶句する…

事件

喘息(気管支喘息)は身近な慢性呼吸疾患で、最悪の場合、重度の発作により呼吸困難を引き起こし命を落とす可能性がある、楽観視できない疾患です。そのため、常時吸入器を携帯する喘息患者も少なくはありません。

今回は喘息持ちだった少年(12歳)が学校から常時吸入器を没収され命を落としてしまうという悲劇をご紹介させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
事件
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました