私がこの世に残せるものは、余命宣告を受けて気づいた『死ぬ』ことの大切さ。手紙の内容に誰もが胸を締め付けられる | あそびブログ

私がこの世に残せるものは、余命宣告を受けて気づいた『死ぬ』ことの大切さ。手紙の内容に誰もが胸を締め付けられる

泣いた

今までの生活で死を目前にしたことのある方はどれくらいいるだろうか?

生きている間は目の前の生活に縛られすぎて、生きることの大切さを見失ってしまう事も多々あります。

Apple創業者のスティーブ・ジョブスも死ぬ間際に、「仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。人生の終わりには、富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない」と言い残しています。

今回はアメリカの24歳の男性が「死を目前にして気がついたあること」をご紹介させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
泣いた
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました