情熱大陸!驚かされる密着対象者の人選方法 | あそびブログ

情熱大陸!驚かされる密着対象者の人選方法

情熱大陸とは毎日放送の制作により、TBS系列局で日曜日の23時からの30分間3の人間密着ドキュメンタリー番組ですよね。今まで数々の多彩なアーティスト、スポーツ選手、、芸術家、女優、俳優、そしてチーズ職人など様々なジャンルの方達を取り上げてきました。そんな今回は番組側の驚かされる密着対象者の人選方法について調べてみました。

情熱大陸とは

毎回、スポーツ、演劇、音楽、料理、学術など第一線で活躍する人物(日本国内で活動する人物や、海外で活動する日本人、あるいは野球やサッカーなどスポーツチーム全体など)にスポットを当て、その人物の魅力・素顔に迫る]。第1回(1998年4月5日放送)ではプロゴルファーの丸山茂樹を密着取材した。アサヒビールとマツダ(1999年4月から、ただし、番組開始当初から1年間はアサヒビールと富士重工(元:SUBARU))の2社提供だが、2018年7月15日からアサヒビールの一社提供に一旦変更、同年9月2日からアサヒとマツダの2社提供が復活した。メインスポンサーがビール会社のため、取材対象の人物は放送時点で20歳以上と決まっている。

wikipedia

情熱大陸!驚かされる密着対象者の人選方法

情熱大陸で気になるのは、その人選ですよね。芸能事務所はもちろん、街中の一般の方からも「初めまして」と出演希望の手紙が週2~3通届くのです。さすがに影響力がある番組は違いますね。その他にも、報道や営業など合わせて年間1000本ほどにも出演希望があるみたいなのです。中には出演者からの紹介もあり「この人は注目した方がいい」という形での出演もあるとのことです。そして最終的な人選は直感に頼るとのことで、視聴率がとれるなどの損得勘定抜きで撮りたいと思える人かどうかでオファーが決まるとのことでした。

そして面白いのが、出演のオファーをしても、断られることがあるというのです。一つ目はタイミングが合わない場合、そして二つ目が自分は出演するレベルに達していないと謙遜される場合だそうです。

また、取材中も質問の仕方が悪かったり、相手の感情の起伏などで出演者さんを怒らせてしまうケースも少なくなく、取材が難航することも多々あるとのことでした。

まとめ

歴史が長い番組で、取材の裏側を見てみるとスタッフさん達の時間を掛けたドラマがぎっしり詰まっていることが分かります。今後は特集される出演者さんのみならず、裏でのスタッフさん達の努力も垣間見れる事を楽しみにしていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
エンタメ
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました