ガンを発症した人に「共通」して現れる見過ごされがちな7つの初期症状。 | あそびブログ

ガンを発症した人に「共通」して現れる見過ごされがちな7つの初期症状。

びっくり

皆さんもご存知の通り、日本人の死因のトップはがんです。がんはがんでも最も死亡率が高いのが肺ガンです。

人間の身体は数十兆個の細胞から構成されています。これらの細胞は正常な状態では細胞数をほぼ一定に保つため、分裂・増殖をコントロールする“制御機構”が働いています。ところが、まれに細胞の遺伝子変異によって正常なコントロールを受け付けなくなり、勝手に増殖し始める“細胞集団”が現れます。この細胞集団――“腫瘍”が正常組織との境界を超えて浸潤的(水が少しずつしみ込んでいく感じ)に増殖していく場合、あるいは転移を起こす場合(多くは両方)を“悪性腫瘍”、すなわち「がん」と呼びます。がんのほとんどは、治療せずに放置していると全身に転移し、患者さんを死に至らしめます。

免疫療法コンシェルジュ

次に肺ガンの7つの危険サインをご紹介させていただきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
びっくり
スポンサーリンク
フォローしてくれよぉ〜
あそびブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました